011-671-5550(受付時間:9:00~19:00)

よくあるご質問

フリースクールでなにをするの?
運動・遊び・勉強など、社会に出る為に必要な事を学校とは違った形で学びます。お子さんに笑顔と人と関わる愉しさを思い出してもらう事が一番です。
学校を休みがちだったので・・・行けるか心配です。
ご心配ありません。当スタッフが一日で一番愉しい時間と場所になるように全力で向き合いサポートします。子供たちが愉しみにしていることは多少、無理してでも向き合うものと考えております。
フリースクールで学力は大丈夫ですか?
当スタッフの大半は教員免許を持っております為、小学生の低学年から大学受験まで対応出来ます。
また、子供の理解や興味・成長を配慮し工夫することで、学校からの課題を勉強しながら、学ぶ愉しさも知ってほしいと考えております。
校則や服装の規則はありますか?
社会のルールを逸脱したり、他者が不快な思いする場合を除いて自由です。
IFCの判断で不適切と考えられる場合はお知らせ致します。
入学試験はありますか?
何もありません。本人がIFCで愉しみたい、通いたいと思ってもらえたらOKです。ただし、その前に保護者様・お子様共にで色々とお話を聞かせて下さい。
信頼関係など人同士の合う合わないはあると思います為、IFCに通うことがお子様にとって本当に良い事かしっかり判断して頂きたいと考えております。
フリースクールで高校卒業になりますか?
フリースクールに通うだけでは出席扱いにはなりません。
高校に所属するか、もしくは高卒程度認定試験を受ける必要があります。
高校の授業対策や、高卒程度認定試験対策はIFCで行うことが出来ます。
高校は所属さえしていれば2009年度から、学校長とフリースクール等の施設長と保護者が連携出来ている一定のフリースクール等は、出席扱い、学割も適用されるようになりました。
中学校の出席はどうなりますか?
中学校の学校長の判断で、出席扱いに出来るようになりました。
保護者様と一緒に学校へ行き、IFCに通う事で出席となるよう学校側へ相談させて頂きます。
学校とIFC・各ご家庭で連携を取り、学校から課題をだしてもらい一緒になって向かい合う事で、その先の進路にも繋げて行きます。
入学や卒業の時期はありますか?
特に決まった時期はありませんので、入学や卒業時期、または他施設への移動も自由です。
ただ、IFCが子供にとって一番愉しい、理解してもらえる場でありたいと思います。
体験は出来ますか?
無料で引き受けますので、是非、お電話でご連絡下さい。
通学定期は使えますか?
IFCに通う事により、通学対象の高校の学校長に出席を認めて頂く事で使用できます。
出席として許可を得るには保護者様と一緒に学校へ行き、学校側へ相談させて頂きます。
保護者の相談はできますか?
IFCは子供達だけの場所だとは思っておりません。
親御様も一緒に愉しんで欲しいと思っておりますので、ご相談は随時お受け致します。
なぜIFCは愉しむと使うのか?
楽しむと愉しむの違いがあって、「楽しむ」は外からもたらされるたのしみ、「愉しむ」は自分が主体となって心でじっくりたのしむ、という違いがあります。IFCでは心から愉しんで欲しい為、こちらを使っています。そのため、スタッフも心から愉しむようにしています。
発達障がいがありますが、入学できますか?
入学も可能ですが、IFCではYAMANOTE Breakという放課後等ディサービスもあります。学校やその他施設で発達障害の傾向が見られる、と言われた場合はも悩まずに是非ご相談下さい。児童発達支援管理責任者・児童指導員がしっかりとサポートします。
他のフリースクールとの違いは?
色々なフリースクールをご検討されていると思いますが、まずはIFCを見に来て頂きたいと考えております。
他のスクールとの違いは多くありますが、言葉だけではなく、子供がその違いに気付き、子供の口で語ってくれるはずです。
もっと長い時間IFCに居たい!
総合子育て支援塾IFCは16時から19時までのため、フリースクールIFCと総合子育て支援塾IFC(http://www.ccss-ifc.com/)と連続での運用で、10時から19時(最大20時半)まで滞在することが出来ます。その時はセット価格でお引き受けします。

無料見学・1日体験ができます!

見て・聞いて・体感するチャンス!

無料見学・1日体験を行なっておりますので、ご連絡の上、ご予約ください。
お気軽にご相談・お問い合わせください。

011-671-5550(受付時間:9:00~19:00)

フリースクールIFC

〒063-0032
札幌市西区西野2条4丁目3-13
TEL 011-671-5550
FAX 011-676-6331
ページのトップへ戻る